カード破産を考える:多重債務者にならないために・返済方法シュミレーション

カード破産を考える

消費者金融ローンを使うリスクとは

  • 債務整理
  • 多重債務者に陥るリスクを考える
  • 消費者金融ローン
  • 大手銀行ローンからの融資によって生活費を補充
  • 欲しい物を購入
  • 既存の借入先の返済にまわす

など人によって利用目的は様々ですが、残念なことに多くの人が融資を受けたことで多重債務者、債務整理、自己破産に陥るケースが増えてきています。

当サイトでは多重債務者、債務整理に陥るリスクについて、返済する額についてのシュミレーションなど記載しています。

多重債務者

多重債務者は複数の消費者金融会社とキャッシングローンを組むことで月の返済額が多くなり最終的には支払いが出来ない状態となります。

返済が滞り何回も繰り返すと消費者金融の事故歴有りとして登録され次の融資を受けることが困難となります、最低支払額を返済することで事故歴がつくことは避けれます。

しかし、返済自体が無理な場合は債務整理もしくは自己破産を選択することになります。

キャッシングの場合、金利が高いため債務整理によって金利分が見直され利用年数が長い場合は金利によって債務を返済済にすることも可能です。

債務整理、自己破産のどちらも個人で行うには難しく時間もかかるため弁護士、司法書士など代理に立てて行うのが一般的です。

債務整理、自己破産した人は5年から7年の間は信用情報機関に事故歴ありとして掲載されます。

多重責務に陥らないために

多重責務に陥らないために

多重責務に陥りやすい人の特徴として1社の返済を他社からの借り入れで返済する自転車操業を繰り返す傾向があります。

原因は返済額が月の収入を超えているため不足分を借り入れによって補充する。

この返済するための借り入れは金利のみ返済する人が繰り返すパターンですが特徴的なのは借り入れ先が数社におよび最終的には返済が滞る、自己破産、任意整理になりやすいことです。

破綻しない返済額は月の収入から生活費をのぞいた残高の3分の1までと言われます。3分の1の範囲で返済計画を立てることが大事なポイントであり買物や旅行に必要だから金融会社からローンするという事は避けるべきです。

また金融会社のローンは審査が緩いかわりに返済遅延による事故記録への登録が早く数ヶ月連続で返済が遅れだすと返済を継続していても事故記録者として登録される傾向にあります。これをブラックリスト登録者と呼ぶこともあります。

全ての返済を終えて別のローンを組もうとすると審査に通らなかった。クレジットカードの審査に通らない人は過去の事故歴によって新規契約が難しくなっているかもしれません。

また、近年の若者に増えているのが携帯電話支払いの遅延による事故歴登録です、これは電話代の支払い遅延ではなく新規携帯機種を分割で契約した際、電話代と合算されて請求されるのですがこれを遅延すると携帯代支払いを遅延していることになります。

携帯機種を分割で購入している事を理解できていない人が多いのが原因です。

特に若い年齢層で携帯代遅延を繰り返した人が社会人になって収入が安定しているのにローンに通らない理由のひとつになっています。

お金借りるなら
HP:zipzapads.com

消費者金融への返済

消費者金融への返済について

債務整理、多重債務者が後を立たなかった過去を反省し新たに設置されたのが「キャッシング総量規制」です。

これは収入の3分の1までしか利用できない制度で収入を超える返済額で自己破産する人を減らすために設置されました。

キャッシング総量規制によって自分の収入を超えるキャッシングを受けることができなくなりましたが、すでに複数の金融会社からキャッシング・ローンを組み毎月の返済額が生活を圧迫している人は債務整理、自己破産、借り換えローン、おまとめローンで借り入れを1本化して返済を続けるなどの選択があります。

債務整理をすると事故情報が信用情報機関に記録され5年から7年ほど掲載されます、それ以降は完済されていれば掲載記録からは抹消されます。

自己破産も同じですが自己破産をした場合、利用していた金融会社独自の記録に残り同じ会社、系列会社では今後、融資を受けることは出来なくなります。

おまとめローンによって今までの借り入れ先から別の借り入れに変わった場合、事故歴つくことはありません、再度融資を受けることも可能ですが、おまとめローンを組んだ人達が多重債務者になるケースがおおく審査内容も厳しくなってきています。

おまとめローンで月々の返済額を圧縮した人が多重債務者になる理由のひとつが今まで借りていた消費者金融から再び融資を受ける人が多いためです。

返済額を圧縮しても新たな返済で生活を圧迫し、返済をするためにまた融資を受ける繰り返しで多重債務者に陥ってしまいます。

一般的なサラリーマンで消費者金融会社3社から各50万ずつ借りると月々の返済額は最低30,000円前後となります、これは最低返済額で金利に該当するので元金の返済には微々たる額しか充当されません。

年収の個人差はありますが消費者金融3社以上の借り入れが有る場合は月々の返済額によって生活が圧迫されるケースがおおく報告されています。

借入額のトータル上限は年収の3分の1程度に抑える必要があります。過程持ちの場合は独身者よりも生活に掛かる出費が多いので3分の1でも支払いが苦しくなるケースもあります。